補綴構造設計士・歯科技工士川島 哲の世界
PSD (PSD)伝達事項 川島セミナー会場 著書紹介 セミナー 執筆記事 気になるニュース トピック ホーム

◆ユニデントについて

◆経験と技の技工から立体化した補綴物製作へ

◆構造設計プランからシステム技工まで

立体化した補綴製作物へ

PROSTHETIC STRUCTURE DESIGNER

個々の患者の生体に対して優しくなければならない。
そして、必ず構造設計は変えなければならない。
一人一人の個性あるプロトタイプであることを
私たちは忘れてはいけない。
同時に積極的に患者に対していつも誠実でありたい。

AS-CASTのものを特殊な軟化硬化熱処理法(T.K.M)を行い適合の向上を確立した。
同時に白金加金の機械的性質の向上を図るのは、言うまでもない。
鉤歯の骨植状態に応じてクラスプのリテンションパワーは変更し決定しなければならない。
本ケースの場合は246gとした。
近心レストはマイナーコネクター部で 破損しやすいので 連結鉤を用いて補強した。 近心レストはマイナーコネクター部で破損しやすいので連結鉤を用いて補強した。
Copyright UNIDENT Co.,Ltd. All rightss reserved