「健全な精神の方々」 川島 哲

例年8月13日は広島市でグローバル デンタル システム(主宰・松本勝利先生のスタディーグループ)が勉強会を開催しており、今年も参加した。 決してお盆中のこの“くそ”暑いさなかにするのか?と言ってはいけない!!実際は、その気分を越える熱い内容であるからだ。
「エンドと咬合」を平井順先生、「審美充填におけるキャラクタライズテクニック」を松本勝利先生、「バイオキャストパーシャルの印象方法」を椙岡宣好先生の歯科医師お三方で行われた。

毎回思うことだが、ここでの学術講演をされる先生方に共通することが二つある。それは国内情報だけではなく海外の情報を自身で世界に出向き、拾い集めて、かつ受講して、経験して、それらを自らの術式と対比し確立していることである。 術式は世界レベルでなければならず、ましてや自分自身の学術レベルのポジションがどこに位置するかをチェックされていることは、まさに尊敬に値する。 もう一つはSpiritual「癒し」を感じることである。きっと先生たちの患者さんは、さぞかし口腔内のみならず「体」と「心」の「本当の健康」を感じているに違いない。 術者自身が精神的に健康でなければ、患者さんを決して健康にできないことを大いに学び、会場を後にした。

受講後、帰路は新幹線の「ひかり」ではなく「のぞみ」を選択した。東京までの4時間は今後の望(のぞみ)で一瞬に思えた。今回の運営母体のDプロダクトの山田秀典氏にこの場をお借りして感謝申し上げたい。