美談の陰で大きな犠牲
ドナーのケア 置き去り

「『手術は成功した』というセリフは、移植患者の容体だけでなく、ドナー(臓器提供者)の心身の状態も含めて言ってほしい」
 自宅のソファに、右腰をかばいながら座り、西日本に住む女性(42)は言った。シャツをまくり上げると、胸の間から両腰にかけ、縦20センチ、横50センチの大きな手術跡が残る。肝臓の6割を夫に提供した後、腹部にうみがたまり、2週間の予定だった入院は、転院先を含め3か月に及んだ。手術から約3年たった今も、傷が痛むという。
 確かに、手術同意書にサインはした。しかし、本当は望んで提供したわけではなかった。「人の命がかかっていた。本心は口に出せませんでした」
 夫とは、遺伝的な肝臓病で余命が短いことを知った上で結婚した。「おれは(生体移植は)いらんからな」と言われていた。食事制限に気を配り、休みのたびに子どもと3人で旅行して、思い出作りに努めた。
 夫の体調が急に悪化した結婚8年目の夏。脳死移植の待機登録のため、夫婦で大学病院へ行った。脳死移植が少ないことは十分知っており、最後の気休めのつもりだった。
 ところが、医師のひと言で状況は一変する。
 「余命3か月。脳死を待ってたら間に合わない。生体間移植をしよう」
 死を受け入れていたかに見えた夫は、その日からドナー探しに躍起になった。
 いったん臓器提供を了承したおじは家族の反対で断念した。家族と医師の会議で、夫の両親と姉は「私は提供できません」と次々に席を立った。一人残った女性に、医師は告げた。
 「誰もいなければ、奥さん、あなたですよ」
 手術の前々日、女性は「怖い。手術したくない」と看護師に訴えたが、予定は動かなかった。
 健康な人が患者に臓器を提供する生体移植。脳死移植が進まない一方で増え、腎臓は昨年939例、肝臓505例に上る。「美談」と見られる陰で、ドナーのケアは後回しにされてきた。
 2003年5月、京都大病院で娘に肝臓を提供した40歳代の女性が死亡した。翌年、日本肝移植研究会はドナー経験者へのアンケートを初めて行い、約1500人から回答を得た。
 成人間の移植で「ドナーになることへの期待」を患者本人から感じた人は33%、他の家族からは31%、医師から感じた人も20%に達した。手術後、患者との関係が良くなった人が57%いる一方、悪化が16%、離婚・断絶も10%あった。
 傷の痛みなどの症状が残る人は5割。最新の調査で、全国3005人うち105人(3.5%)は胆汁が漏れるなど重症だった。
 大きな犠牲を払うドナーの体をどう守るのか。愛媛県で昨秋発覚した臓器売買事件を踏まえ、厚生労働省は今年7月、@提供の任意性を家族、移植医療スタッフ以外の者が確認するA提供に伴う危険性も説明する-----など、生体移植に関する規定を臓器移植法の運用指針に初めて盛り込んだ。だが、ドナーの後遺症の医療費負担など課題は多い。日本移植学会は、生命保険も検討している。
 手術の2か月後。女性よりひと月先に退院した夫は、病床の女性の携帯に電話をかけてきた。「離婚してくれ」。結局、手術の時以来、顔を合わせていない。
 女性は言う。「夫も医師も、私のことは見ていなかった。見ていたのは、私の肝臓だったんでしょう」

讀賣新聞 2007年10月14日 掲載