再婚の条件、次第に欲出る

山口・D子

30歳代後半の女性。派遣社員です。数年前に離婚し、2人の子どもを育てています。
 ずっと一人でいるのも寂しいので、近い将来、再婚したいです。そこで、インターネットを活用して見合い相手を探し、知り合った数人の男性とメール交換したり、デートしたりしています。
 離婚経験があって子どももおり、たいして長所がない私でも、交際を申し込んでくれる人は多いので、「まだまだ捨てたもんじゃない」と勇気づけられます。そして「探せばもっといい人がいるのでは」と欲が出ます。前の結婚で失敗した時、「今度結婚するなら、思いやりのある人」と肝に銘じたはずなのに、次第に相手の経済力や容姿にこだわるようになってしまいました。
 「本当の相手を探しているのだから」と自分に言い聞かせていますが、やはり複数の人と同時進行するのは罪悪感があります。結婚相手を見極める、究極の方法がわかればいいのですが・・・・・。

増田 明美 (スポーツ解説者)

まだ30歳代後半のあなたがこれから長い人生を共に歩むパートナーを探しているのはすてきなことです。
 ただ、インターネットを通じて知り合った複数の男性とお付き合いしている点は気になります。罪悪感を持っているあなたの感覚は正しいと思います。
 相手の男性も複数の女性とデートしている可能性がありますよね。また、ネットで知り合った男性は皆さんが独身なのでしょうか。あなたが傷ついてしまうではないかと心配です。
 結婚相手を見極めるには、まず「自分にはどんな人が合うか」を知ることだと思います。「今度結婚するなら思いやりのある人」と肝に銘じたあなたの直感は正しいと思いますよ。また、2人のお子さんの父親としての側面も大切な要素になるかもしれませんね。
 私は41歳の晩婚でした。結婚相手を見極める究極の方法は、人それぞれにあると思いますが、人柄を求めて相手を尊敬できるかどうかも大切なことです。

讀賣新聞 2008年12月18日 掲載