がん 品川芸者の闘い
ネット集客 お座敷遊び■名物イベント復活へ奔走

加納 昭彦

三味線に合わせて日本髪の女性が舞う。赤、青、紫・・・・・。色とりどりの着物姿の芸者8人がお酌をすると、客は浮世を忘れて夢心地になる。
 今月8日。東京・品川区の料亭で開かれた宴席の中心に芸者置屋「まつ乃家」の女将、広瀬まりさん(46)はいた。
 約30人の客の大半はインターネットで申し込んだ。この仕組みは、「一見さんお断り」というところの多い花柳界の敷居を低くしようと、広瀬さんが考えた。
 この日、彼女の傍らには長女麻衣可さん(17)と長男で女形の永之介さん(22)の姿もあった。それぞれ三味線と日本舞踊の名取。若くとも芸者衆の一員として母を支える。

 まつ之家は品川区の南大井にある。羽田空港の北西に位置するこの地区は、かつての品川花柳界の中心地。大正時代には400人の芸者がいたという。時代は移って客は減ったが、それでも広瀬さんの子供時代は昼間から三味線の音が流れ、あでやかな雰囲気の芸者とよくすれ違った。芸者にあこがれたのは自然な成り行きだった、と彼女は言う。
 12歳の時、呉服屋のカレンダーのモデルになった。撮影の際、髪結いの女性から花かんざしをそっと手渡された。
 22歳で結婚し、永之介さんを出産した直後のこと。部屋の片隅の棚に置いていた花かんざしがふと目に入り、少女時代のあこがれがよみがえった。小唄や三味線の教室に通い始めたのはそれからだ。
 初めてお座敷に上がったのは30歳の時。お座敷で踊り始めると、酔った客も息をのむ。その瞬間が好きになった。天職を得たと確信するのに時間はかからなかった。

 区民検診で子宮頸がんと診断されたのは2003年秋。自分の命に限りあることを初めて意識した。
 まつ之家を始めたのは、この翌年。独立の夢を後押ししたのは皮肉にもがんだった。
 さらに2年後からふぁ「大宴会」と称する宴席を毎月設け、ネットでの客集めも始めた。この試みが回を重ね、軌道に乗ったと確信した頃に、またしてもがんと診断される。
 07年夏。激しい腹痛に襲われ、病院に駆け込んだ。今度は末期の結腸がんだった。
 20歳の時に父をがんで亡くしている。その父が出てくる夢を繰り返し見るようになった。夢の中の父は自分にこう語りかけてくる。「まりが『がん』だというのは、休ませようと思ってついたうそなんだよ」。それに「やっぱりね。うそだと思ったんだよね」と答える自分。目覚めて現実に戻る時がつらかった。

 昨年9月、がんは肝臓にも転移した。道は継いでくれる子供2人に何かを残したい。そう考えた時、地元で40年余り前まで続いたという「勉強会」のことが頭をよぎった。
 この地域の芸者衆が一堂に会して芸を披露した年に一度のイベント。駆け出しの頃、往時の写真を見たことがある。数十人の芸者衆が、三味線を奏で、舞っていた。酒の出ない、芸だけの舞台。それは芸者たちが損得抜きで集う機会でもあった。
 あれを復活させれば、地元花柳界が息を吹き返すかもしれない。そう思うと、居ても立っても居られなかった。すぐに地元のホールを押さえ、ネットに案内を載せた。当日登場するのは、まつ之家の芸者衆総勢12人。来年以降は、南大井全体の芸者を巻き込みたいと思っている。
 投薬治療の影響で気分が悪くなる日も多い。大宴会の翌日は一日中寝込んでしまう。それでも4月4日のその日に備え、今も芸に磨きをかける。

讀賣新聞 2009年2月15日 掲載