子の成長の証し

保育士 秋葉 理恵 44 (福岡県久留米市)

5年前、長女の中学の入学式でのこと。「この時期は、親に秘密を持つようになります。それは大切な成長の証しです」。学校カウンセラーのあいさつだった。
 「秘密」と言うと何となく悪いイメージがあったが、そればかりではないだろう。私も友達の家で勉強すると言って出かけ、コンサートチケットを買ったり、アルバイトのお金で自動二輪の免許を取ったりと、秘密を持ってきた。当時は、いつか親に知られるのではないかと気が気ではなかった。
 子供たちも秘密はあるだろう。「抱えきれずあふれた時は受け止めてあげて」とのカウンセラーの言葉を忘れずに見守っていきたい。

讀賣新聞 2009年3月29日 掲載