夫の不倫 早く忘れたい

(大阪・M子)

40歳代主婦。昨年、夫の不倫がわかりました。相手は、10年以上家族ぐるみで付き合って妹のように思っていた人でした。
 夫から「家計のため働いてほしい」と頼まれ、私は資格を取り夜勤もこなし、一生懸命働いてきました。けれども、その間に夫はホテルに・・・・・。悲しすぎます。死のうと思いましたが、夫は土下座し涙しました。かわいい子どものことが頭に浮かび、死ねませんでした。
 今も毎日のように悪夢を見ます。思い出すと涙が止まらず、ご飯も食べられなくなり、仕事を辞めました。ペンを持つ手も震えます。
 忘れるためには、どうすればいいのでしょう。精神科クリニックなどで相談したほうがいいのでしょうか。ずっと気持ちが不安定なのは自分が一番わかっています。毎日、相手の女性の顔が浮かびます。早く忘れたいのです。

野村 総一郎 (精神科医)

浮気だけでも大きな心の傷になるのに、夫の卑怯な策謀にだまされ、親しかった女性に裏切られ、二重三重の苦痛を受けた。これは体調を崩し、悪夢を見続けても無理はない。あなたは離婚を選択しなかったんですが、必ずしもご主人を許したのではない。今からすべてを忘れてよりを戻すなど無理というものです。
 それなら「思いっきり軽蔑して一緒に居てやる」くらいに割り切り、仕事などでご自身の生活を築き、かつ楽しむ、という方向を目指すしかないと思います。精神科クリニックなどで話を聴いてもらうことももちろん役に立つと思います。
 ただ、一つ気になるのは、「自分が忘れねば」という気持ちだけがお手紙の前面に出ていることです。あなたに落ち度はないんですから、回復に手を差し伸べるのはご主人の責務のはず。土下座は良いとして、その後の態度こそ問われますが、どうもそれが読み取れません。あなたの苦悩を理解し、どうしたら良いのか、ご主人にも一生懸命考えて苦しんでもらわないと、不公平すぎますよ。それこそ取るべき最低水準の態度でしょう。もしそれが見られないとすると、夫婦を続ける意味から考え直すべきかもしれないと感じました。

讀賣新聞 2009年4月26日 掲載