33年続く夫の「帰る」コール

主婦 喜多 善美 54 (福岡市)

会社勤めの夫は夜、帰宅前に必ず「もうすぐ帰る」と電話をくれる。携帯電話を持ってからも「メールは苦手だ」と言って、その習慣を変えない。
 私は子供たちとの連絡にメールを使う。夫にも「メールでいい」と勧めるが、夫は「電話で声を聞いた方が安心できる」と言う。
 結婚して33年。聞き慣れた夫の「もうすぐ帰る」という声のトーンが毎回微妙にに違うことに、最近、気がついた。高い声の時は元気な感じがする。取り越し苦労の場合が多いが、低い声だと「何かあったのかしら」と気になる。
 メールは便利だが、夫とは電話で声を聞き、やりとりすることが大切ではないかと感じている。

讀賣新聞 2009年5月11日 掲載