「紳士」に教えられた

大学生 福原 朋美 18 (埼玉県草加市)

学校帰りに乗った電車はそこそこ込んでいました。突然、座っていたサラリーマン風の男性が立ち上がりました。「何だろう」と思って見ていると、私と同じ駅から乗った女性に席を譲ったのです。
 周りの人は不思議そうな顔をしていましたが、私は、女性のカバンに「おなかに赤ちゃんがいます」と書かれたストラップが付いているのを見つけました。女性はおなかも大きくなく、私も妊娠中とは気付きませんでした。事情が分かり、なんて紳士なのだろうと感心しました。同時に、とても幸せな気持ちになった出来事でした。

讀賣新聞 2009年5月25日 掲載