自民離れ 進む有力団体

  日歯連など 参院選へ模様眺め

政権交代を受け、自民党を長年支持してきた有力団体の中に、同党と距離を置く動きが出てきた。来年夏の参院選での候補擁立の見送りを決める団体もあり、党の地盤沈下は深刻だ。
 日本歯科医師会の政治団体「日本歯科医師連盟」(日歯連、堤直文会長)は18日、沖縄県歯科医師会顧問の高嶺明彦氏を自民党から参院比例選に立候補させる方針を撤回することを決めた。高嶺氏の擁立方針は8月に決まっていたが、18日の評議員会で擁立見送りの動議が提出され、出席者の半数を超える賛成で可決された。日歯連関係者によると、「野党から候補を擁立すれば、政策要望などが実現しにくくなる」という指摘が出たという。自民党は4月、日本医師連盟などの業界・団体の支援を受ける参院比例選の一次公認候補11人を決めており、日歯連とは二次公認に向けて調整を進めようとしていた。
 候補擁立をまだ決めていまい団体は複数ある。その一つ、全国農業協同組合中央会の政治団体「全国農業者農政運動組織連盟」の関係者は、「継続して自民党から出す方向だが、ぎりぎりまで決めないかもしれない」と語る。模様眺めの空気が広がっているようだ。
 自民党では「民主党の小沢幹事長が業界・団体の切り崩しに動き、支援政党を巡る内部亀裂が拡大するのでは」という見方がある。参院幹部が「1次公認を得た候補を出す団体まで、公認撤回を求めてくる恐れもある」と述べるなど、党側は危機感を募らせている。  

讀賣新聞 2009年9月20日 掲載