日歯連が民主候補支援
 参院選 自民支持を転換

日本歯科医師会の政治団体「日本歯科医師連盟」は19日の臨時評議会で、今夏の参院選で初めて民主党の比例代表候補を支持する方針を正式に決定した。これまで自民党から組織内候補を擁立してきたが、民主党との関係を強化し、医療行政への発言力を高める狙いがある。
 自民党をしてきた主要団体で民主党候補の支援に回ったのは日歯連が初めて。日本医師会など他団体の対応にも影響を与えそうだ。
 日歯連の堤直文会長は19日の記者会見で「政権交代後の短期間に来年度診療報酬改定などで要望を聞いてもらった。これだけの果実があれば(支援は)避けて通れないと判断した」と語った。
 支援するのは、歯科医師の新人候補となる見通しだ。高木幹正理事長は「自発的に候補者を擁立したのではなく、民主党から要請を受けてのことだ」と述べ、組織内候補ではないと強調した。
 選挙区での対応では「民主党などの政権与党の候補者を支援する」ことを原則としつつ、都道府県ごとの判断を尊重することを確認。選挙区事情で自民党候補者を支援することも認めた。
 参院選対応を巡っては、日歯連は当初、自民党から組織内候補を擁立することを機関決定したが、政権交代直後に白紙撤回した。

日本経済新聞 2010年2月20日 掲載