助け合いの心をく

無職 中島 貞男 70 (新潟県長岡市)

大相撲の元横綱朝青龍が度重なる「品格問題」で引退を余儀なくされた。だが、品格を問われるのは、大相撲に限ったことではない。
 この冬、大雪に見舞われた新潟県内では、交通機関に大きな影響が出た。多くの道の車線が積雪で狭まり、私の車は、対向車が通り過ぎてから動くしかなかった。しかし、対向車は、お礼のあいさつもせずに通り過ぎるのがほとんどだった。
 せめて、会釈をしたり軽くクラクションを鳴らすぐらいしてもいいのではないか。心を合わせ、助け合いが必要なのが社会。そうした行為も品格の基礎だと思う。  

讀賣新聞 2010年3月7日 掲載