チンパンジーに悼む心?
 死んだ子を長期間背負う母親を確認

西アフリカ・ギニアに生息する野生チンパンジーの群れで、母親が病死した子どもを放置せず、ミイラになるまで長期間、背負う様子が、京都大霊長類研究所によって確認された。研究チームは、子どもの死を悲しむ親の感情が表れた行動とみている。27日の米科学誌カレント・バイオロジーに発表する。
 松沢哲郎教授と林美里助教らは1992年、ギニア南部のボッソウ地域にすむ約20頭の群れで、病死した2歳の子どもを母親のジレが27日以上、背負っているのを2003年、ジレが1歳の子を68日間、ブアブアという別の母親が2歳の子を19日間、それぞれ死後に運ぶのを確認した。
 いずれも、母親は手繕いしたりハエを追い払ったりした。また、肩と首の間に子どもの手足を挟んで背中に乗せるなど、子どもが生きている時には見られなかった行動をしており、研究チームは、子どもが動かなくなったことを母親が認識していたと推測する。
 ゴリラやニホンザル、ゲラダヒヒなどでも、死んだ子どもを運ぶ例が報告されているが、一つの群れで長期間の運搬が複数観察されたのは初めて。ボッソウのチンパンジーでは、子どもの死を悼む文化を継承している可能性があるという。松沢教授は「死んだからといって放っておけないという子への愛情が、行動に出たのだろう」と話す。

讀賣新聞 2010年4月27日 掲載