補綴構造設計士・歯科技工士川島 哲の世界
PSD 川島セミナー会場 著書紹介 セミナー 執筆記事 気になるニュース テクノバリュー トピック ホーム

たっちゃんの関係法規
  そのJ「日本歯科技術師設置の件」

内藤 達郎

この「日本歯科技術師設置」という請願書は、入歯細工職46名によって明治45年1月25日に衆議院に提出された。明治39年に歯科医師法が制定され、歯科医師免許を厳重に制限されたため、多年にわたる経験をもって入歯細工に従事する者に対し、歯科医の他に「技術師」を新設し、請願人にその資格を与えてほしいというものである。

 しかし、この請願は大正2年、歯科技術と歯科医療との分野において、これを認めることは困難との内務省の意向により、衆議院請願委員会で不採択になった。
 これはそれまで入歯、歯抜、口中療治の分野にそれぞれ鑑札(資格)を有していた者が、歯科医師免許に統一し免許取得者を制限したため、多数の無資格者を生むことになった。そのため充填、金銀冠、歯石の除去、義歯の装置制作などを担当する「歯科技術師」を制度的に作ることを目的としている。

 当時、医師の養成が官立大学を中心として推進されたのに対して、歯科医師養成が長らく私立の歯科医学専門学校だけに任されてきたのは、政府当局が歯科医療を軽視していたためであると思われる。これがいわゆる「医歯二元論」の始まりであるが、この日本における医歯二元論」と歯科技工士の関わりについては後述する。

 また当事の国民の歯科医療需要を満たすには正規の歯科医師の数は十分でなく、それまであった入歯製造業などの鑑札を持った人達の、主として補綴の仕事を中心とする非合法歯科医療や、歯科医師でない者の経営する歯科診療所が目立つようになった。大正3年、このような非合法歯科医療について大審院判例が出ている。
この大審院判例については次回にゆずります。

Copyright UNIDENT Co.,Ltd. All rightss reserved