補綴構造設計士・歯科技工士川島 哲の世界
PSD (PSD)伝達事項 川島セミナー会場 著書紹介 セミナー 執筆記事 気になるニュース トピック ホーム

たっちゃんの関係法規
  その34 「通達文書の補完の怪」  

内藤 達郎
(PSD)日本補綴構造設計士協会 相談役(法律)
  鎮魂の桜

 平成17年9月18日、「医政歯発第0908001号」として出された医政局歯科保健課長通知を補完する必要が生じたためか、行政側は平成22年3月31日「医政歯発0331第1号」を出している。これは訴訟対策の理論装備だと思われる。
 今般、補てつ物等のさらなる安全性の確保等の観点から、補てつ物等の作成を国外に委託する場合の使用材料の指示等について、別添のような取扱いとしますので、よろしく御了知願います。
 (別添)  補てつ物等の作成の委託については、患者を治療する歯科医師の責任の下、安全性に十分配慮した上で実施されるべきものであることから、歯科医師は、補てつ物等の作成を国外に委託する場合、課長通知のとおり取り扱うとともに以下の事項を遵守されたい。
 ・補てつ物等を作成する場所(名称及び所在地)を明示して指示を行うとともに、当該指示の内容の要点を診療録等に記録すること。
 ・使用する歯科材料を明示して指示を行うとともに、当該指示の内容の要点を診療録等に記録すること。 なお、指示に際しては、歯科材料の組成・性状や安全性等に関する情報を添付文書等により事前に把握し、ISO規格*1や「歯科鋳造用ニッケルクロム合金(冠用)の製造(輸入)の承認申請について」(昭和60年3月30日付け薬審第294号薬務局審査課長通知)*2等で定める基準を満たした歯科材料を選定した上で、当該歯科材料が特定されるよう、製品名(製造販売業者名を含む)等を明示して指示を行うこととする。
 ・補てつ物等を患者に供する前に、当該補てつ物等を作成した者から使用された歯科材料を証明する書類等を取得し、@及びAの指示の内容等に基づき作成されたかどうか確認を行うとともに、当該書類等を診療録に添付する等、適切に保管すること。

 このように行政側は歯科医師に医療倫理とインフォームド・コンセントを前提に使用材料を明示した歯科技工指示書等の保管義務を課すことで国外に委託することを合法化しょうとしている。しかしこれは歯科技工士法で規制している資格制度を無視した論理構成であって、この陳腐な理論はまさに「仏作って魂入れず」といわざるを得ない。なお、最高裁判決はこの「歯科技工士法の魂」についてまったく触れていない。

Copyright UNIDENT Co.,Ltd. All rightss reserved