補綴構造設計士・歯科技工士川島 哲の世界
PSD (PSD)伝達事項 川島セミナー会場 著書紹介 セミナー 執筆記事 気になるニュース トピック ホーム

「住んでみたい」 川越1位
テレビで「良さ」広まる

県内で住んでみたい街(駅)は1位川越、2位に大宮、3位浦和-----。こんな調査結果が、マンション販売会社「長谷エアーベスト」(東京都港区)から発表された。川越は首都圏総合(東京、千葉、神奈川、埼玉の1都3県)でも16位にランキングした。
 調査は今年7月、首都圏在住者2340人を対象にインターネットで実施。その結果、県内では昨年2位だった川越が、昨年首位の大宮に取って代わった。浦和の3位は昨年と同じ。 躍進が目立ったのは、8〜10位にランクされた武蔵浦和(昨年13位)、北浦和(昨年は評価なし)、さいたま新都市(同)の3駅。いずれも東京都内への交通の便の良さに加え、マンションや駅前商業施設の整備などが評価された。
 首都圏総合順位では、自由が丘(東京都目黒区)や横浜(横浜市西区)など、東京都と神奈川県勢が例年通り上位を占めたが、川越は昨年の大宮(21位)を上回る16位となり、大宮、浦和もベスト20に入った。
 同社によると、川越は昨年のNHK連続テレビ小説「つばさ」の舞台となったことで人気上昇が続いているといい、蔵づくりの商家が並ぶ街の雰囲気と、都内への交通の便が意外と良い点などが高評価につながったという。

読売新聞 2010年10月18日 掲載
Copyright UNIDENT Co.,Ltd. All rightss reserved