東日本巨大地震での、PSD会員の被災情報

PSD会員の被災状況の確認報告をいたします。
2011年3月20日 PSD会員の安否情報
 鈴木 雄 (岩手県釜石市)
 20日AM11時15分に鈴木様とご家族の全員の無事が確認できました。川島と本 人と電話で話しまして元気なご様子が伝わりました。その際に聞き取りました被災内容をかいつ まんで報告いたします。
 大和田歯科医院のLABOで被災されて、前々から院長と地震が来たら津波が来るからすぐに高台に避難すると申し合わせしてたそうです。
 11日の被災後すぐに高台に向けて避難したら、15分後に大きな津波が来たそうです。
 残念ながら大和田歯科医院は流失してしまいました。2日間はその町の避難所で過ごし、流木や 倒壊した家を見ながら徒歩で10K離れている自宅に帰ったそうです。
 釜石の自宅の奥様は、主人はもしかしたら亡くなったのではと心配していたそうです。
 今後の生活を思うと心配ですが、PSD会員の皆様は、温かく彼の御家族を支援ください。
 鈴木様の無事が確認できましたので、PSD会員の皆様は全員無事が確認できました。 理事長としても安堵しております。

 今後は、PSD協会義援金募金を応募いたします。PSD協会会員の関西勢の多くが、仲間 たちの支援を謳って下さいますので、本部事務局は心強く感じております。
つきましては、近々に全国の会員の皆様に、義援金要請いたしますので、ご準備お願 いいたします。

理事長 川島 哲