PSD協会師範講師(故)古賀壮一氏の「文献一覧表」

2009年11月29日に自転車事故で惜しくも亡くなられましたが、古賀壮一氏の生前の学術文献を通じて、 私どもは、その意思を師範講師の”たいまつ”として後世に伝えて行きます。
そのことを”生きる者”として、人間としての義務といたしま す。

2000年7月1日 歯科技工 第28巻 第7号
光重合パターンレジンを使いこなそう!
操作要領と利用システムを理解することにより簡便な材料の見直しを図る

2001年7月25日 歯科技工別冊
わかった!できた!鋳造床義歯 No.40〜No.49症例

2003年9月1日 歯科技工 第31巻 第9号
Dental Materials Today
第3回 キャストパーシャルのワックスパターンはどのように製作するべきか?

2003年10月1日 歯科技工 第31巻 第10号
Dental Materials Today
第4回 パターン採得に影響を与える分離材

2004年3月 日本歯技 第417号
レジンパターンを用いた直接法による金属床義歯のフレーム製作
(光重合レジンとワックスの併用について)

2005年4月1日 歯科技工 第33巻 第4号
Step up 講座
金属床と構造設計進化論・軽くて薄くて壊れない金属床義歯の設計と製作

2007年 QDT Vol.32 No.6
臨床技工“困った問題”解決講座
キャストパーシャルデンチャー編 第6回
ベストタイミングと思ったのに!? 鋳造欠陥が生じる!

2007年 QDT Vol.32 No.9
臨床技工“困った問題”解決講座
キャストパーシャルデンチャー編 第9回
作業模型とキャストプレートの適合が部分的に良くない!

2008年 QDT Vol.33 No.5
歯肉色ハイブリッドレジンの特性を生かした自然感のある義歯製作
セラマージュガム色を活用して(前編)

2008年 QDT Vol.33 No.6
歯肉色ハイブリッドレジンの特性を生かした自然感のある義歯製作
セラマージュガム色を活用して(後編)

2010年 QZ(ドイツ) 36.Jahrgang 2 Feburuar
Die Herstellung naturllich wirkender Zahnprothesen unter Einbeziehung der
besonderen Eigenschaften gingivafarbener Komposite 
Anwendung des Verblendkomposits Ceramage Gum Color